「キャッシュ」リンクなしだとSEOに悪影響?/Googleが回答

SEOならSEOパック
ご利用実績10314件 (2018/09/19現在)

「キャッシュ」リンクなしだとSEOに悪影響?/Googleが回答

Googleのスポークスマンであるジョン・ミューラーが、検索結果に「キャッシュ」リンクが表示されていないページでも、他のページと同じように問題なく順位評価されている、と語りました。

しかし、なぜキャッシュ(データ)がないのにGoogleはページを検索結果表示できるのでしょうか?そしてそもそも、この「キャッシュ」と「検索インデックス」と、の違いはなんなのでしょうか?本記事で解説します。20160622-cache

Google検索のキャッシュとインデックス

Googleのクローラー(Googlebot)は、あなたのサイトを訪れたとき、そのページをサーバーに保存します。この、第一次保存データが「キャッシュ」です。

キャッシュは大きく2つの用途に使われます。ひとつはGoogle検索データベース(検索インデックス)への登録、もう一つは、検索結果リストで一時的に表示させる用途です。

用途1:アルゴリズム評価の材料

キャッシュの主な用途は、Googleの検索データベース、つまり検索インデックスへの登録です。

とはいえ、キャッシュがすぐに検索結果に載るわけではありません。キャッシュで得た情報、例えばtitleタグの内容、コンテンツの話題、被リンク数…などをGoogle検索アルゴリズムが分析し、その評価データが検索インデックスに登録されると、ようやく検索リストにページが掲載されます。

この意味でキャッシュは、アルゴリズムによるページ評価の「材料」です。キャッシュなしではアルゴリズムがページを評価できなくなり、検索リストに載せることもできなくなります。

用途2:キャッシュリンクの表示

キャッシュのもう一つの役割は、Google検索結果リストで、実際の掲載ページURLとは別に、過去のコンテンツを検索ユーザーに見せることです。これは、検索結果ページに表示される「キャッシュ」リンクで見ることができます。

20160622-cache-serp

例えば実際のページURLがサーバーダウン等で表示できないとき、このGoogle検索結果画面にこのキャッシュリンクがあれば、キャッシュした時点の過去コンテンツとはいえ、検索ユーザーにページを見せることができ、利便性を提供できます。

なお、キャッシュされた更新前の古いページを見られたくないときなどは、メタタグnoarchive (→Googleサポート情報)新しいタブで開くを使用することで、検索結果画面にページのキャッシュリンクを表示させないようにすることもできます。

キャッシュリンクがなくても「ちゃんと順位がつく」

さて、冒頭に紹介したジョン・ミューラーのコメントを、元になったtwitterユーザーの質問ともに、確認してみましょう。

質問者:

もし「site:」や「info:」で表示したサイトのページに「キャッシュ」がなかったら、これはインデックスがちゃんとされてるってこと?それとも、キャッシュされるのを待たなければいけない、ということ?

ミューラー:

ページはアクセス可能なキャッシュがなくても、ページはちゃんと順位がつきます。そういう状況は珍しくないし、何かがおかしなことになっている、という意味ではありません。

検索結果画面でキャッシュリンクがなくても、そもそも検索リストに掲載されているということは、Googleサーバー上にキャッシュデータが存在しているということなのです。

キャッシュリンクがないのは、何らかの理由をそれを表示していないだけであって、キャッシュデータ自体は正常に取得され、処理されています。これがミューラーの言う「ちゃんと順位が付きます」の意味でしょう。

なお、効率よくGoogleにキャッシュされ「ちゃんと順位がつく」ためには、コンテンツの充実とリンク対策が必要になります。こうした基礎SEO対策については、こちらのコンテンツに目を通しておくと良いでしょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。