GoogleさらにAMP対応を急かす/メッセージ公開に

SEOならSEOパック
ご利用実績10448件 (2018/11/21現在)

GoogleさらにAMP対応を急かす/メッセージ公開に

スマホからのページ読み込みを「爆速化」させる「AMP対応ページ」が、最近から通常の検索結果でも表示されるようになる、との報が入ってまもない先週8月5日、Googleサーチコンソールでは、ユーザーにAMP対応ページを作成するよう促すメッセージが配信されたとのことです。

詳細をお伝えします。20160814-amp-recommend-again

米ユーザが受信メッセージを公開

このメッセージの大意は「Google検索で配信されるAMPページを作りましょう」というもの。

メッセージを受信したカリフォルニアのSEOコンサルタント、アラン・ブレワイズ氏が、自身のTwitterで、メッセージのキャプチャ画像を公開しました。

「AMP対応で利益」強調する真意は

メッセージ主文は下記のようになっています。

Googleは、AMP対応して配信すれば利益となりうるページを、あなたのサイト上で多数検知しています。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイル端末でより速い読み込みができるよう最適化されたHTMLページのことです。AMPによって得られる利益をもっと学ぶには、下記をご覧ください。

適正なAMPページをあなたのサイト内で用意すると、検索結果に表示され、また検索結果において特別なバッジが付くようになります。

参照:Tweet from @AlanBleiweiss、翻訳は筆者

遠回しにではありますが、AMP対応により、Google検索からの集客数が増加する「かもしれない」ことを強くにおわせています。

AMPで集客増はできる?優先順位の確認を

Googleはこれ以前にも、ウェブマスターに対してAMP導入を促すメッセージを配信したことがありました。今回また重ねて配信したメッセージの内容を見ると、どうしても「まだAMP普及がGoogleの思い通りに進んでいない」状況が想像されてしまいます。

AMP対応によりGoogle検索上で露出が増える「可能性がある」のは事実ですが、目下のところ、Google対策のメインとなるSEO対策に比べると、得られる利益は遥かに小さいと想像せざるを得ません。こうした認識を変えたくて、このような「集客増をにおわす」メッセージとなったのではないでしょうか。

AMP対応やモバイルフレンドリ対応といったスマホ最適化は、ユーザーには利益があっても、サイト運営者は手間の方が大きくなりがちです。自社サイトでAMP対応を行う際は、まず順位上昇につながる基礎SEO対策(コンテンツ改善、被リンク獲得)を優先するのを忘れないようにしましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。