Googleウェブマスターツールのデータ更新が停止している

SEOならSEOパック
ご利用実績10317件 (2018/09/21現在)

[2015/02/17] (最終更新日 2018/05/15)

Googleウェブマスターツールのデータ更新が停止している

Googleウェブマスターツールが、この一週間程度、データ更新を停止しています。

当社管理アカウントのみならず、米SEOメディアでも同じ現象が多く見られるとのレポートが上がっており、各アカウント固有の問題ではない、Google側の何らかの原因によるもののようです。
20150216wmt-stops-logging-eyecatch

データのない期間は1週間程度

Googleウェブマスターツール内「検索クエリ」では、をクリックすると、Google検索結果での自サイト表示回数とクリック数を、2日ほど前のぶんまで閲覧することができていました。

しかし現在は、7日ほど前までのデータしか掲載されていません。下図のように、グラフが2月8日までで止まっており、その後15日までのデータが表示されていません。
20150216wmt-stops-logging

(クリックで拡大)

アカウント固有の問題ではないよう

上記キャプチャは当社保有アカウントの画面ですが、米SEOメディアでも同様のキャプチャが掲載されており、どうやら多くのアカウントで同じ現象が起きているようです。

データが表示できている期間は、当社アカウントが2月8日まで、米メディアのレポートでは2月7日までとなっていますが、米国は日本と半日以上の時差があり、データ非表示の期間もおおむね同じと思われます。

先述のように、もともと「検索クエリ」機能のデータ取得期間は2日間ほど遅れが生じていたため、単に何らかの不具合でデータの処理が普段より遅れているだけ、ということも考えられます。

公式声明はなし、ユーザは静観続く

Googleウェブマスターフォーラムでも話題になっているようですが、Googleからの公式な回答や何らかの声明はまだ確認されていません。

今のところ、ユーザアカウント側に何らかの原因があるとの情報はなく、ユーザ側では、事態の進展を待ち静観せざるを得ない状況が続いています。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。