SEO内部対策に必要な情報を解説します

SEOならSEOパック
ご利用実績9446件 (2017/10/24現在)
SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

SEO内部対策「アナリティクス」についての記事一覧

アナリティクスで集客経路を確認してアクセス改善しよう

SEO対策をしている方なら、アナリティクスの数字を日々確認しているかと思います。
アナリティクスは、サイトのアクセス解析から色々な数字を見ることができます。
その数ある項目の中で、集客>すべてのトラフィック>参照元/メディアに表示されているこちらの意味を理解していますか?

  • organic
  • referral
  • direct / none
  • cpc

集客をアップするための施策を考える時にはまず、トラフィックの属性を知っておく必要があります。この属性というのが上記の要素です。
大きく分けると、検索・参照・参照なし/ダイレクト・広告に分けられます。

では、ひとつづつ説明していきます。
ぜひ、集客改善の参考にしてみてください。

この記事の続きを読む…

アナリティクスでユーザーの動きを確認するユーザーフローの使い方

アナリティクスのユーザーフローをご存知ですか?

サイトの集客を広告やSEO対策で行うことも大事ですが、集客したユーザーがサイト内をどのように巡っているのか?購入や申込みまでの経路を確認して改善することも非常に重要です。

そこで今回は、ユーザーがサイト内をどの経路で辿っているのかを視覚的にわかりやすく確認できる、アナリティクスのユーザーフローという便利な機能について説明したいと思います。

これを元に、サイト内の導線など改善できることはないか?というように考えていくとcvrの改善にも役立ちます。

この記事の続きを読む…

アナリティクスのイベントトラッキングでもっと便利に測定する方法

アナリティクスのトラッキングコードに1行、タグを追加して、訪問者の年齢・性別を計測する方法は、よく使われているかと思います。
今回は、それに加え、イベントトラッキングという機能を使って、特定のバナーのクリック数などを計測する方法をご紹介します。

アナリティクスは色々な測定ができます。ぜひ、ページ解析の参考にしてみてください。

この記事の続きを読む…

サーチコンソールをSEOに利用する使い方

2015年5月20日からサーチコンソール(Search Console)と名称を変更したウェブマスターツールですが、登録してあるけど、使い方や何を見たら良いのかわからない…という方も多いのではないでしょうか?
今回は、サーチコンソールをSEO対策に利用するための使い方を絞ってご紹介したいと思います。

では、サーチコンソールの各項目の使い方をポイント毎に説明していきます。

この記事の続きを読む…

アナリティクスで見る直帰率の平均値と考えられる改善点とは?

アナリティクスを見てみると、直帰率が意外と高くて、何とか改善したい…と考えている方も多いかと思います。
今回は、その直帰率について、平均値やページタイプと数字の関係など、具体的な改善点をまとめていきたいと思います。

直帰率とは?

ユーザーが、はじめて訪れたページ(ランディングページ)の次に遷移したページが、他のサイトの場合や、戻るボタンを押した場合、あるいは訪問したが、ウィンドウを閉じてしまった時の割合が直帰率です。

離脱率と混同しがちですが、離脱率は、個々のページのページビューの中で、最後のセッションだった場合の割合です。
ユーザーはいつかサイトを離れます。離脱率は、どのページでサイトを離れたのか?そして、その割合は?という意味です。
サイト全体の離脱率が無いのは、このためです。
直帰率と離脱率の違い

この記事の続きを読む…

アナリティクスの基本 – 必ず確認したい「サイトコンテンツ」

アナリティクスは多くの項目からサイト分析を行うことができますが、まずは確認しておきたい「サイトコンテンツ」という項目があります。

このサイトコンテンツでは、どのページがどれくらいの人に見られているのかを調べることができます。
そして、そのページの滞在時間や、直帰率・離脱率などもわかることからユーザーがページの内容に満足したかどうか?などを予測するための参考にすることができます。

ということで今回は、初心者の方でも簡単なサイト分析アナリティクスの「サイトコンテンツ」の見方についてご説明したいと思います。

また、正確な数字を見るためにもリファラースパムは除外しておきましょう。
フィルタの方法は下記の記事を参考にしてみてください。

リファラースパムをフィルタしよう!アナリティクスの数字を正確に!
そのアナリティクスの数字は本当に正確ですか?もしリファラースパムがアナリティクスに計上されていれば、正確なトラフィックを知ることができなくなってしまい、サイトの修正などの効果を正しく測定することが難しくなってしまいます。では、まずはじめにリファラ...

この記事の続きを読む…

リファラースパムをフィルタしよう!アナリティクスの数字を正確に!

そのアナリティクスの数字は本当に正確ですか?
もしリファラースパムがアナリティクスに計上されていれば、正確なトラフィックを知ることができなくなってしまい、サイトの修正などの効果を正しく測定することが難しくなってしまいます。

では、まずはじめにリファラーとは、参照元という意味で、どのサイトから来たのか?がわかります。
アナリティクスを使って日々、計測している方なら、見たこともないサイトから急にトラフィックが増えていたらどんなサイトか確認するかと思います。

リファラースパムの目的とは?

スパムを行っているサイトは、実際にはリンクがあるわけではありませんが、何らかのツールを使って、リファラー情報を送りつけています。
リファラースパムは、様々な方法でトラフィックを集めていると考えられます。

この記事ではアナリティクスで正しい数字を見るために、リファラースパムについてフィルタする方法などをご紹介します。

この記事の続きを読む…

SEO内部対策まとめ
SEO解析ツール「fukuro」
無料コンテンツ対策支援窓口
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。