アナリティクスでユーザーの動きを確認するユーザーフローの使い方

SEOならSEOパック
ご利用実績8840件 (2017/02/27現在)
2016年07月11日 2016年08月30日

アナリティクスでユーザーの動きを確認するユーザーフローの使い方

アナリティクスのユーザーフローをご存知ですか?

サイトの集客を広告やSEO対策で行うことも大事ですが、集客したユーザーがサイト内をどのように巡っているのか?購入や申込みまでの経路を確認して改善することも非常に重要です。

そこで今回は、ユーザーがサイト内をどの経路で辿っているのかを視覚的にわかりやすく確認できる、アナリティクスのユーザーフローという便利な機能について説明したいと思います。

これを元に、サイト内の導線など改善できることはないか?というように考えていくとcvrの改善にも役立ちます。

検索1位!のサイト多数!【月額固定】7,980円(税込)の低価格SEO対策

ユーザーフロー画面

ユーザーフローは、アナリティクスのユーザー>ユーザーフローから見ることができます。
まず、この画面での基本操作ですが、縦移動はマウスのスクロール、横移動はドラッグで確認することができます。
ユーザーフロー画面

左に常駐してあるコントローラーは、フローの縦幅を変えたり、左右へ移動するものです。フローが見にくい時に使います。

そして、左上にあるプルダウンでは、トラフィックを国や参照元別など色々な種類から選んでユーザーフローを見ることができます。
例えば、参照元別でユーザーの動きを確認したい場合は、「参照元/メディア」を選びます。
すると、参照元別でサイト内経路を確認できます。

画面に並んだ緑の帯は、各ページであり、縦の幅がセッションの数を表します。マウスオーバーすると、次のページへ遷移した数と、離脱数と、その合計が表示されます。
そして、その右にある赤い帯が離脱したセッションです。

「開始ページ」や、「最初の通過地点」といったテキストの下にある数字は、それぞれのセッション数の合計と離脱数の合計です。下記の場合、セッション数約33,000、離脱数約28,400ということになります。
セッション合計と離脱合計

ページをクリックした時のメニュー

各ページをクリックすると、ポップアップウィンドウに3つのメニューが表示されます。
この3つの機能を簡単に説明したいと思います。

ここをハイライト

これに関しては、後ほど詳しく説明しますが、クリックしたページへの経路がハイライトされます。

ここを深く見る

クリックしたページを中心に詳細を見ることができます。
他の画面とはセッション数が違うのは、ページ遷移した順番に関係なく訪れたセッションを集計しているからです。

グループの詳細

ユーザーフローでは、引数付きのページや、セッションが少ないページに関しては、ディレクトリ毎に集計されます。
ここでは、その中でセッションの内訳を確認することができます。

ページへのセッション経路・内訳を調べる方法

ページへのセッション経路を調べる

ユーザーフローで調べたいページをクリックするとウィンドウが表示されます。
ここで、「ここをハイライト」をクリックします。

すると、そのページまでの経路がハイライトされ、セッションの内訳を確認することができます。
そのページへ遷移したセッション数も表示されています。
ページへのセッション内訳を調べる

特定のページを経由したセッションを調べる

たとえば、特定のページ経由の内訳を調べたい場合は、ページとページを結ぶ線をクリックします。
特定のページ経由の内訳を調べる場合

すると、選択した経路がハイライトされ、さらにそのページまで遷移したセッション数も表示されます。
この場合、ひとつ前のページのセッションに、134/513とありますが、513セッションの内、そのページへ遷移したセッションが134だったことがわかります。
特定のページを経由した内訳がハイライトされる

検索順位に満足していますか?SEO Packなら今すぐSEO対策することができます!

ユーザーフロー使い方まとめ

一見、複雑そうに見えるユーザーフローですが、ユーザーの動きを簡単に確認できるため、ぜひ覚えておきたい機能です。
さらに、ユーザーフローでは、セグメントを絞っても調べることができるので、参照元別、且つモバイルユーザー、といった条件で確認することもできます。

外部・内部のSEO対策を行い、さらに集客したユーザー行動をヒントにサイト内を改善することがサイトを管理していく上で非常に重要です。

ユーザーのセグメント別に、サイトを巡回する経路の特徴を見つけ、購入・申込みなどの目標アップのために、ぜひ役立ててください。

SEO内部対策 トップに戻る
SEO内部チェックツール SEO内部チェックツール

SEO対策に
SEO Packをはじめませんか?

検索結果のランキングを決める重要な要素のひとつが「リンク」です。

SEO PackならSEOに重要なリンクをはじめ、SEOに関するノウハウやSEO対策をするための管理ツールが揃います。
また、内部対策の状態も確認することができ、改善方法などもご案内します。
  • 検索順位を上げたい
  • リンク対策をしたい
  • ある程度自分でSEO対策を把握したい
  • 対策中の順位推移を確認したい
  • 変動に強いSEO対策をしたい

上記にひとつでも当てはまる方は、SEO Packの導入をおすすめします。
お試しもご用意しておりますので、詳しくはサービスの内容・特長をご覧下さい。

SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました