リファラースパムをフィルタしよう!アナリティクスの数字を正確に!

SEOならSEOパック
ご利用実績9439件 (2017/10/21現在)
2016年04月08日 2016年09月08日

リファラースパムをフィルタしよう!アナリティクスの数字を正確に!

只今タイムセールを実施中です。

そのアナリティクスの数字は本当に正確ですか?
もしリファラースパムがアナリティクスに計上されていれば、正確なトラフィックを知ることができなくなってしまい、サイトの修正などの効果を正しく測定することが難しくなってしまいます。

では、まずはじめにリファラーとは、参照元という意味で、どのサイトから来たのか?がわかります。
アナリティクスを使って日々、計測している方なら、見たこともないサイトから急にトラフィックが増えていたらどんなサイトか確認するかと思います。

リファラースパムの目的とは?

スパムを行っているサイトは、実際にはリンクがあるわけではありませんが、何らかのツールを使って、リファラー情報を送りつけています。
リファラースパムは、様々な方法でトラフィックを集めていると考えられます。

この記事ではアナリティクスで正しい数字を見るために、リファラースパムについてフィルタする方法などをご紹介します。

SEO対策のすべてが揃うSEO Pack

リファラースパムを見つけたら

アナリティクスの参照元を確認していて、覚えのない不明なサイトを見つけた場合、アクセスするのではなく、まずはそのurlを検索してみることをおすすめします。

もしリファラースパムでしたら、何らかのスパム対策などの記事が出てくるので、まずは検索してリファラースパムなのかどうか確認してみましょう。

リファラースパムの対策とは?

リファラースパムはクリックをしない限り害はありませんが、あまりに多くなると、analyticsの直帰率や滞在時間などにも影響され、正しい情報を確認することができなくなってしまいますので、計測しないように除外することをおすすめします。
※スパムなので、新規100%、滞在時間は0で、直帰率も100%です。

それでは、リファラースパム対策の方法を説明します。
対策は、htaccessなどで除外する方法もありますが、簡単に設定できる方をご紹介します。

ボットを自動判定してフィルタリングする

クローラーなどのボットも正確な数字を把握するために除外しておきましょう。
これはボットを自動で識別してくれてフィルタしてくれる機能です。
「アナリティクス設定」>「ビュー設定」をクリックします。
ここに、ボットのフィルタリングという項目があるので、チェックを入れて保存をクリックしてください。

20150530_3

これでかなりのボットのリファラーがフィルタできると思われますが、リファラースパムをフィルタできるわけではないので、日々確認して手動でフィルタする必要があります。

アナリティクスの管理画面でフィルタする

「アナリティクス設定」>「フィルタ」>「新しいフィルタ」をクリックします。
画像を参考に以下の手順で追加してください。

  • 「新しいフィルタを作成」を選択
  • 「フィルタ名」を入力
  • 「カスタム」を選択
  • 「フィルタフィールド」で「参照」を選択
  • 「フィルターパターン」に除外したいurlを入力(正規表現で入力する必要があります)
  • 「保存」をクリック

※例えば、semalt.semalt.comの場合だと、semalt.semalt.comのようにドットの前にバックスラッシュを入れます。

20150530_2

SEO Packでもリファラースパム対策していますが、まだ残ってました。
このように、見つけ次第、手動でフィルタに追加する必要があります。

20150530_1

リファラースパム対策についてまとめ

リファラースパムは、検索順位を落とすようなものではないので、参照元を日々チェックしていない限り、なかなか気付きにくいものです。
サイトを管理・運営していくうえで、急にトラフィックが増えた場合は、何が増えたのか確認することが大切です。

下記の記事のように集客経路を調べてサイトを改善することも重要です。

アナリティクスで集客経路を確認してアクセス改善しよう
SEO対策をしている方なら、アナリティクスの数字を日々確認しているかと思います。アナリティクスは、サイトのアクセス解析から色々な数字を見ることができます。その数ある項目の中で、集客>すべてのトラフィック>参照元/メディアに表示されているこちらの意味を...

このようにSEO対策を行うには日々の検証が大切です。
日々計測しながら新しいリファラースパムを発見したら、手動でフィルタしていきましょう。
正確な数字を追うことで、サイトの効果測定も精度が上がると思いますので、ぜひ対策してください!

SEO内部対策 トップに戻る
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
無料コンテンツ対策支援窓口
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。