サイトマップの作り方と定期的な更新でクローラー対策

SEOならSEOパック
ご利用実績8724件 (2017/01/22現在)
只今タイムセールを実施中です。
2016年04月08日 2016年09月08日

サイトマップの作り方と定期的な更新でクローラー対策

サイトマップ(xml)はクローラーにサイトを巡回するページをわかりやすく手助けするためにサーバーに置くものです。そのため新しくページを公開した場合には、絶対ではありませんが定期的な更新によって重要なページへのクロールを促進することが大切です。

そもそもSEOの外部対策といえば、まず被リンクが挙げられますが、その目的のひとつに、「クローラーがサイトを巡ってくる数を増やすため」ということが考えられると思います。

そして、そのクローラーの頻度を上げるための施策として、サイトマップの送信も重要となってきます。では今回は、そのSEO対策のためのサイトマップの作り方についてまとめたいと思います。

検索1位!のサイト多数!【月額固定】7,980円(税込)の低価格SEO対策

クローラーが頻繁に巡回するようになるとどうなるのか?

被リンクや、サイトマップによってクローラーが頻繁に無駄なく巡回するようになると、1度では把握できなかったコンテンツの内容も、正しくインデックスしてもらいやすくなり、正しく評価されることによって検索順位を上位表示させることが期待できます。

サイトマップは全てのページを記載したxmlファイル

このサイトマップは更新の度に手動で追加・削除していては大変ですので、自動で作成してくれるサイトや、wordpressのプラグインで、常に最新のサイトマップに更新してくれるものもありますので、参考にしてみてください。
※このxmlファイルに書いていないページはインデックスされない、という訳ではありません。

Google XML Sitemapsで簡単にサイトマップを管理しようGoogle XML Sitemapsで簡単にサイトマップを管理しよう
Google XML Sitemapsというサイトマップ作成プラグインをご存知ですか?XMLサイトマップは記事の追加や削除、またはリネームなどでその都度更新する必要があります。しかし、更新頻度の高いサイトではなかなか管理が難しいですよね?そこでWordPressをお使いの場合で...

実際のファイルの内容はこんな感じです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" 

xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">

<url>
  <loc>http://seopack.jp/</loc>
  <lastmod>2015-04-01</lastmod> /*最終更新日 省略可*/
  <changefreq>monthly</changefreq> /*更新頻度 省略可*/
  <priority>1.0</priority> /*重要度0~1 省略可*/
</url>

</urlset>

このxmlファイルには、<url>~</url>で囲まれたものを1ページとして、インデックスしてほしいページを追加していきます。

自動で作成した場合などは、抜けがないか、一通り確認してみましょう。
<loc>で囲まれたurlは必須ですが、その他は省略しても構いません。
各項目の内容はこちら…

<lastmod>

Googleのクローラーの更新日よりも新しいものを優先するようなので、過去記事を再度インデックスしてもらいたい時や、重要なページに追記するくらいで問題ないかと思います。

<changefreq>

更新頻度を記述します。

  • always(アクセスする度)
  • hourly(1時間毎)
  • daily(毎日)
  • weekly(1週間毎)
  • monthly(1ヶ月毎)
  • yearly(1年毎)
  • never(アーカイブページなどに指定)

<priority>

階層によって0.9、0.8のように少数点で区切って指定します。

robots.txtにもサイトマップの記載をお忘れなく。

User-Agent:*
Disallow:
Sitemap:http://example.com/sitemap.xml

アップした後、必要であればウェブマスターツールで再送信

自然とクローラーは巡回して、サイトマップで更新したページをクロールしてくれますが、急いで更新ページをインデックスしてほしい時は、サイトマップをサーバーにアップした後、ウェブマスターツールから再送信を通知することができます。
20150402_seo-sitemap_02
更新したいサイトマップにチェックを入れて、再送信ボタンで完了です。

検索順位に満足していますか?SEO Packなら今すぐSEO対策することができます!

まとめ

サイトマップはxmlで…常に更新しないと…など難しく考えがちですが、ファイルの作り方と更新するタイミングなど要点を押さえておけばそれほど管理は難しいものではありません。
重要なページを急いで検索結果に反映させたい時など、必要な時に更新するような使い方で問題ないかと思われます。

サイトマップを作り、送信する理由はクローラー対策です。そのクローラーは被リンクからも巡回してきます。そして、SEO Packは日頃からのクローラー・外部対策としてお使いいただけます。
ぜひ、外部対策をご検討の方へ、上位表示にSEO Packをお役立てください。

SEO内部対策 トップに戻る

無料SEO解析ツール

対策したいキーワードで、今どんな対策が有効か、解析できます。

Googleに評価されるコンテンツの内容や、必要なリンクの本数は、選んだキーワードによって異なります。
必要な対策内容めやすが、次の画面で表示されます。

SEO対策に
SEO Packをはじめませんか?

検索結果のランキングを決める重要な要素のひとつが「リンク」です。

SEO PackならSEOに重要なリンクをはじめ、SEOに関するノウハウやSEO対策をするための管理ツールが揃います。
また、内部対策の状態も確認することができ、改善方法などもご案内します。
  • 検索順位を上げたい
  • リンク対策をしたい
  • ある程度自分でSEO対策を把握したい
  • 対策中の順位推移を確認したい
  • 変動に強いSEO対策をしたい

上記にひとつでも当てはまる方は、SEO Packの導入をおすすめします。
お試しもご用意しておりますので、詳しくはサービスの内容・特長をご覧下さい。

SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました