SEO内部対策に必要な情報を解説します

SEOならSEOパック
ご利用実績9009件 (2017/04/30現在)
SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

SEO内部対策「クローラー対策」についての記事一覧

オーサーランクの試みからセマンテックWebを考える

数年前に終了したGoogleの「オーサーランク」をご存知ですか?
オーサーランクとは、著者を何らかのランク付けによってコンテンツの評価要素として取り入れようとしたものです。

まず、検索エンジンはコンテンツの内容を100%理解することができません。
そのため、検索ランキングを評価するためにはコンテンツ以外の評価項目が必要となり、コンテンツ側としても、構造化データのようなタグ付けなどによって“それ”が何を指すのかをクローラーに伝える必要があります。

さらに、そのコンテンツの質を評価するための要素が必要でした。
その評価のひとつとして、現在は終了している「オーサーランク」がありました。

これは、コンテンツを評価する要素として著者情報(オーサーシップ)も考慮するというもので、実際にはランキングを決定する要因には至りませんでしたが、Googleはそのような情報もコンテンツを評価するためには必要だと考えていたようです。

では今回は、終了となりました「オーサーランク」についてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

多言語サイトはrel=”altrenate” hreflang=”x”で管理しよう

サイトを多言語対応して運用されている方もいらっしゃると思います。
今回は、そのようなサブドメインや、サブディレクトリなどURLが言語ごとに異なる方法で運用している多言語サイトを言語・地域別に正しく検索結果に表示させる方法について説明したい思います。

では、まずは地域別に意図したページを検索結果に表示させるために必要な、rel=”alternate” hreflang=”x”というアノテーションタグからご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

クローラビリティを改善して巡回しやすいサイトにしよう

ウェブ上に公開されたページは、クローラーがサイトを巡回してインデックスされなければ、検索結果にも表示されません。
したがって、クローラーが巡回しやすいサイトにするということは、SEO内部対策にとって非常に重要な要素のひとつと言えます。

また、クローラーが巡回しやすいサイトにしておかなければ、クローラーが更新されたコンテンツを見つけることが難しくなり、新規で投稿したコンテンツなども含め、検索エンジンに反映されるのも非常に時間がかかってしまいます。

ということで、今回はクローラーにわかりやすいサイト設計にするための改善方法などをまとめたいと思います。

この記事の続きを読む…

構造化データで記述する目的とメリットについて

Googleは、schema.org(スキーマ)のサポートを去年から開始しています。
そして、GoogleはData-Vocabulary.orgの開発を終了していることから、すでに構造化データをschema.orgで記述しているサイトも多いのではないでしょうか?

schema.orgを導入するメリットとしては、Google、Yahoo、Bingの3社が共同で取り組んでいることが挙げられると思います。
それによって、それぞれの検索エンジンにサポートされ、検索結果に表示されるスニペットを装飾することができます。(リッチスニペット)

ということで、これから構造化データを導入する場合のボキャブラリーは、schema.orgを選ぶべきでしょう。
そして、構造化データはパンくずリスト以外のコンテンツにも記述することができます。
下記ヘルプにもあるように、できるだけ多くのデータをタグ付けすることによって、検索エンジンがより詳しく内容を読み取ることが可能となります。
→サーチコンソール ヘルプ:プロパティのマークアップを手動で追加する

では今回は、構造化データを導入する目的やメリットについてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

サイトのインデックス数とSEO効果について

サイトのインデックス数が多い方がSEOに有利なイメージがあると思いますが、インデックス数とSEO効果にはどのような関係があるのでしょうか?

検索エンジンにインデックスされるということは、検索クエリによっては検索結果にも表示されるので、ランディングページが増えることによるトラフィック増加も期待できます。

しかし、結論を言うとインデックス数は多い方が良いですが、インデックスされる内容によります。
簡単に説明すると、下記のようにコンテンツの「質」によってインデックス数がSEOに有利かどうか?ということになります。

  • 質の高いページが多くインデックスされている
  • 質の低いページが多くインデックスされている

では今回は、Googleの検索エンジンにインデックスされている数と、それに伴うSEO効果についてご説明していきたいと思います。

この記事の続きを読む…

共起語を使ったコンテンツを作成してSEO対策する方法

「関連ワード」とは少し違った意味を持つ「共起語」と呼ばれるキーワードをご存知ですか?
関連ワードはその名の通り、テーマに関連するキーワードのことですが、共起語とは、よく一緒に使われることの多いキーワードのことで、関連ワードとは少し意味が異なります。

共起(きょうき)は、ある単語がある文章(または文)中に出たとき、その文章(文)中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。

では、この共起語を使ってコンテンツを作るとSEOにどう影響するのでしょうか?
今回は、この共起語を使ったコンテンツについてご説明したいと思います。

また、関連ワードに関しては下記の記事をご覧下さい。

関連ワードで上位表示を狙うコンテンツ作りとは
あなたのサイトは関連ワードでコンテンツを作っていますか?昔は、ターゲットとするキーワード出現率が高ければそのワードで検索に上位表示されていたページもありました。しかし、Googleの検索エンジンのアップデートにより、キーワードの詰め込んだコンテンツは評...

この記事の続きを読む…

引用(blockquote)する場合の書き方とSEO効果について

質の高いコンテンツを用意するために、他のサイトから参考資料としてテキストなどを引用(blockquote)することは、そのテーマの関連性を高めることができるため有効と言えます。
もちろん、引用ばかりの記事だと価値のないものとして検索の上位表示は見込めません。

そして、この引用をする場合には必ず引用元をリンク表示する必要があります。
これはユーザーのためでもあり、クローラーのためでもあります。

あたかも自分のオリジナルコンテンツと思わせて、上位表示しようとしても「パンダアップデート」によってペナルティとなってしまいます。

引用は正しくリンク元も表記して、ユーザーに有益となるコンテンツにする必要があります。
では今回は、この引用する場合の書き方や注意点などについてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

URLの長さとキーワードを入れた場合のSEO効果について

記事のURLにはよくキーワードを入れた方が良いと聞きますが、みなさんはSEOを意識してURLを決めていますか?URLに入れるキーワードは、もちろん詰め込み過ぎはNGですが、SEO効果を見込んで長時間悩むものでもありません。

検索結果を見てわかるように、URLだけでは内容がわからない「?p=123」といった記事も上位表示されています。
また、パンくずリストを構造化データで設定しているサイトでは、URLの代わりにパンくずリストが表示されるため、検索結果に記事のURLすら表示されません。
では、URLに関連するキーワードを入れる理由とはなんでしょうか?

ということで今回は、URLに含まれるキーワードのSEO効果についてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

canonicalタグで重複コンテンツを解消!使い方と注意点について

ヘッダー内に指定する「rel=”canonical”」を正しく使っていますか?
canonicalタグとは簡単に説明すると、似たようなページがあった場合に、どちらを優先させたいのかを指定するタグです。

あくまで似たページ、重複コンテンツと評価されるかもしれないページに対してのタグなので、同じ趣旨でも内容が異なるページャーのようなページに対しては使用しません。
また、同じサイトオーナーが別のドメインでもサイトを運営していて、一部内容が重複している場合にも使用することができます。

設置することで検索順位が上がるタグではありませんが、正しく設置することで被リンクの分散を防ぐことができます。
では、今回はこのcanonicalタグの使い方に関してご説明していきたいと思います。

この記事の続きを読む…

Google XML Sitemapsで簡単にサイトマップを管理しよう

Google XML Sitemapsというサイトマップ作成プラグインをご存知ですか?

XMLサイトマップは記事の追加や削除、またはリネームなどでその都度更新する必要があります。しかし、更新頻度の高いサイトではなかなか管理が難しいですよね?

そこでWordPressをお使いの場合ですが、このプラグインを導入することによって、サイトマップを常に新しいものに自動で更新して管理することができます。

今回はその中で「Google XML Sitemaps」というプラグインについてご説明したいと思います。
また、通常のサイトマップの作り方については下記の記事を参考にしてみてください。

サイトマップの作り方と定期的な更新でクローラー対策
サイトマップ(xml)はクローラーにサイトを巡回するページをわかりやすく手助けするためにサーバーに置くものです。そのため新しくページを公開した場合には、絶対ではありませんが定期的な更新によって重要なページへのクロールを促進することが大切です。そもそも...

この記事の続きを読む…

WordPressでパンくずリストを簡単に設置する方法

下記の記事にも書きましたが、パンくずリストを構造化データで設置するためには、手動で設置する方法やプラグイン、テンプレートを利用する方法など、いくつかの方法があります。
パンくずリストを構造化データで設定する方法とSEO効果

その中から今回はWordPressで簡単にパンくずリストを表示でき、しかも構造化データで設置するプラグインの紹介と、その使い方についてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

パンくずリストを構造化データにする方法とSEO効果

ほとんどのサイトで目にするようになった、「パンくずリスト」ですがSEOなどを意識して設置していますか?

パンくずリストはユーザビリティはもちろん、内部リンクにもなり、さらに構造化データを用いることによってクローラーにページの内容をより詳しく伝えることも可能です。
パンくずリストに構造化データを設置するためのマークアップは簡単なので、テストツールで正しく設置されているか確認して対策しておきましょう。

パンくずリストを構造化データにするメリットについては下記の記事も参考にしてみてください。

構造化データで記述する目的とメリットについて
Googleは、schema.org(スキーマ)のサポートを去年から開始しています。そして、GoogleはData-Vocabulary.orgの開発を終了していることから、すでに構造化データをschema.orgで記述しているサイトも多いのではないでしょうか?schema.orgを導入するメリットとしては...

では、今回はパンくずリストを構造化データでマークアップする方法や、そのSEO効果などについてお話したいと思います。

この記事の続きを読む…

404エラーと、ソフト404エラーの違いと対応について

先日書いた記事の中で、サーチコンソール(旧 ウェブマスターツール)では、クロールエラーについても定期的に確認しましょう。と書きました。

そのクロールエラーの中で今回は、404エラーとソフト404エラーの違いと対応について、詳しくご説明したいと思います。
サーチコンソールをSEOに利用する使い方

この記事の続きを読む…

noindexとは?サイトの価値を上げるページ管理

noindexとは、SEO対策において、内容が薄い記事などのコンテンツや上位表示が見込めないような記事に対して設置します。
それは、パンダアップデートによって質の低いページの評価を下げたことが挙げられます。

そして、この質の低いページはサイト全体の評価も下げます。
ここで言う質の低いページというのは、コンテンツ(記事)の内容が薄い、他のページと重複している、文字数が少ないようなページのことを指します。

サイトやページの順位が思うように上がらない場合は、改めてサイト内で共通して使っているテンプレート部分以外で、どれほどのオリジナルコンテンツが残るのかを各ページで考えてみてください。
もしかしたら、質の低いページにサイト全体の価値を下げられている可能性があります。

ということで、この記事では、サイトの評価を落とされないために、質の低い記事に対してnoindexで対策する方法についてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

SSLを導入したドメインをhttpsに正規化する方法

ウェブの安全性を目的としたSSLは、数多くのサイトが導入しています。
そのSSLを導入するには色々な行程がありますが、その中でもSSL化したドメインをhttpからhttpsに統一する必要があります。

この、SSLを導入することによるSEO評価は、わずかの効果しか期待できません。
しかし、Googleはhttpよりhttpsを評価するとアナウンスしたことから、ドメインの正規化が必要となり、評価を引き継ぐためにもリダイレクトして正しく正規化しておきたいところです。

参考:HTTPS をランキング シグナルに使用します

この記事では、SSLを導入した際にhttpからhttpsのドメインへ正規化する方法についてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

不要なパラメータ付きのurlを正規化する方法

ドメインの正規化には、wwwのあり・なしやindex.html(php)のファイル名のあり・なしなどの他に、パラメータのあり・なしも考えられます。
そしてドメインの正規化は、SEO対策において最初のうちに設定しておきたいところです。

では、この記事ではパラメータのあり・なしに関する正規化についてご紹介したいと思います。
wwwのありなしに関しては下記の記事も参考にしてみてください。

wwwあり・なしを統一してドメインを正規化する方法
あなたのサイトは「wwwあり・なし」どちらでもアクセスできますか?サイトを公開した際に、ドメインはデフォルトで以下のようなurlでもアクセスできてしまいます。example.comwww.example.comしかしこれでは、クローラーがそれぞれ別のサイトと判断して重複コンテン...
パラメータとは
アドワーズなどの広告に、生成したurlを設定する際にurlの後ろに付く「?~」の部分がパラメータです。

この記事の続きを読む…

robots.txtとは? クローラーの最適化に必要な設定方法

robots.txtとはクローラーにサイトのクロールを制限するためのものです。

検索順位はクローラーと呼ばれるGoogleのボットが定期的にサイトを巡回し、各ページをインデックスしていき、そしてアルゴリズムによって順位付けを行います。

しかし、1度のクロールだけでは全てを読み取れないため、クローラーが定期的に巡回する回数を増やすことができればインデックスも早くなり、質の高いコンテンツを正しく評価することによって検索順位も上位表示が期待できるようになります。
そのため、robots.txtによって無駄なクロールを除外して最適化することが大切となります。

ということで今回は、クローラーの巡回を最適化するために必要なことの中で、robots.txtの設定についてご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

サイトマップの作り方と定期的な更新でクローラー対策

サイトマップ(xml)はクローラーにサイトを巡回するページをわかりやすく手助けするためにサーバーに置くものです。そのため新しくページを公開した場合には、絶対ではありませんが定期的な更新によって重要なページへのクロールを促進することが大切です。

そもそもSEOの外部対策といえば、まず被リンクが挙げられますが、その目的のひとつに、「クローラーがサイトを巡ってくる数を増やすため」ということが考えられると思います。

そして、そのクローラーの頻度を上げるための施策として、サイトマップの送信も重要となってきます。では今回は、そのSEO対策のためのサイトマップの作り方についてまとめたいと思います。

この記事の続きを読む…

wwwあり・なしを統一してドメインを正規化する方法

あなたのサイトは「wwwあり・なし」どちらでもアクセスできますか?
サイトを公開した際に、ドメインはデフォルトで以下のようなurlでもアクセスできてしまいます。

  • example.com
  • www.example.com

しかしこれでは、クローラーがそれぞれ別のサイトと判断して重複コンテンツとして認識してしまう可能性も考えられますし、正しくインデックスされるまでに時間もかかってしまいます。

サーバーによっては自動で正規化してくれるところもあるようですが、別々のurlに被リンクを貼られる前に正しく設定しておきましょう。

そこで、この記事ではドメインを統一してSEOに無駄のない方法をご紹介したいと思います。

この記事の続きを読む…

SEO内部対策まとめ
SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました