wwwあり・なしを統一してドメインを正規化する方法

SEOならSEOパック
ご利用実績8837件 (2017/02/25現在)
2016年04月06日 2016年09月08日

wwwあり・なしを統一してドメインを正規化する方法

あなたのサイトは「wwwあり・なし」どちらでもアクセスできますか?
サイトを公開した際に、ドメインはデフォルトで以下のようなurlでもアクセスできてしまいます。

  • example.com
  • www.example.com

しかしこれでは、クローラーがそれぞれ別のサイトと判断して重複コンテンツとして認識してしまう可能性も考えられますし、正しくインデックスされるまでに時間もかかってしまいます。

サーバーによっては自動で正規化してくれるところもあるようですが、別々のurlに被リンクを貼られる前に正しく設定しておきましょう。

そこで、この記事ではドメインを統一してSEOに無駄のない方法をご紹介したいと思います。

SEO対策のすべてが揃うSEO Pack
検索1位!のサイト多数!【月額固定】7,980円(税込)の低価格SEO対策

.htaccessでドメインを統一する

「www」あり・なしの設定は.htaccessでそれぞれ301リダイレクトして統一します。

wwwあり・なしを選び、以下のタグをhtaccessに記述してアップしてください。
※ドメインは適宜変更してください。

<!-- wwwありに統一 -->
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^seopack\.jp$
RewriteRule ^(.*)$ http://www.seopack.jp/$1 [R=301,L]
<!-- wwwなしに統一 -->
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.seopack\.jp$
RewriteRule ^(.*)$ http://seopack.jp/$1 [R=301,L]

アップした後は正しくリダイレクトされているかどうか確認してください。

サーチコンソールで使用するドメインを指定する

htaccessでリダイレクトしたらサーチコンソールで使用するドメインを設定しておきましょう。
方法は、wwwあり・なしの両方のドメインを登録して、「サイトの設定」から使用するドメインを選択しておくだけです。(どちらのドメインからでも設定できます)
※両方のドメインを登録しないままドメインの選択をすると登録していないドメインの所有権の確認を促されます。

サーチコンソールのサイト設定からwwwあり・なしを選択する

index.html(php)のあり・なしも統一しましょう

ドメインの統一以外にもファイル名のあり・なしも統一しておきたいところです。

  • www.example.com/
  • www.example.com/index.html(php)

この、index.html(php)は/(スラッシュ)止めが主流なので、なしで統一したいと思います。
下記のタグをhtaccessに追記します。

<!-- index.html(php)なしで統一 -->
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.(html|php)
RewriteRule ^(.*)index.(html|php)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

その他にも、正規化については不要なパラメーターやSSLに関しても場合によっては必要となりますので、下記の記事を参考に必要な対策を行いましょう。

不要なパラメータ付きのurlを正規化する方法
ドメインの正規化には、wwwのあり・なしやindex.html(php)のファイル名のあり・なしなどの他に、パラメータのあり・なしも考えられます。そしてドメインの正規化は、SEO対策において最初のうちに設定しておきたいところです。では、この記事ではパラメータのあり・...
SSLを導入したドメインをhttpsに正規化する方法
ウェブの安全性を目的としたSSLは、数多くのサイトが導入しています。そのSSLを導入するには色々な行程がありますが、その中でもSSL化したドメインをhttpからhttpsに統一する必要があります。この、SSLを導入することによるSEO評価は、わずかの効果しか期待できませ...
検索順位に満足していますか?SEO Packなら今すぐSEO対策することができます!

ドメインの正規化まとめ

wwwあり・なしなどのドメインの正規化について説明しましたが、今回のhtaccessをまとめたものがこちらになります。
※バックスラッシュは環境によっては円マーク(¥)になってしまうので注意してください。

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on

<!-- wwwなしに統一 -->
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.seopack\.jp$
RewriteRule ^(.*)$ http://seopack.jp/$1 [R=301,L]

<!-- index.html(php)なしで統一 -->
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.(html|php)
RewriteRule ^(.*)index.(html|php)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

ドメインの正規化によって検索順位が上がる訳ではありませんが、アクセス可能なドメインが複数存在することによって後に問題が発生しないように、SEO対策の一部としてドメインの正規化は正しく行っておきましょう。

SEO内部対策 トップに戻る
SEO内部チェックツール SEO内部チェックツール

SEO対策に
SEO Packをはじめませんか?

検索結果のランキングを決める重要な要素のひとつが「リンク」です。

SEO PackならSEOに重要なリンクをはじめ、SEOに関するノウハウやSEO対策をするための管理ツールが揃います。
また、内部対策の状態も確認することができ、改善方法などもご案内します。
  • 検索順位を上げたい
  • リンク対策をしたい
  • ある程度自分でSEO対策を把握したい
  • 対策中の順位推移を確認したい
  • 変動に強いSEO対策をしたい

上記にひとつでも当てはまる方は、SEO Packの導入をおすすめします。
お試しもご用意しておりますので、詳しくはサービスの内容・特長をご覧下さい。

SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました