404エラーと、ソフト404エラーの違いと対応について

SEOならSEOパック
ご利用実績9439件 (2017/10/21現在)
2016年05月12日 2016年09月09日

404エラーと、ソフト404エラーの違いと対応について

只今タイムセールを実施中です。

先日書いた記事の中で、サーチコンソール(旧 ウェブマスターツール)では、クロールエラーについても定期的に確認しましょう。と書きました。

そのクロールエラーの中で今回は、404エラーとソフト404エラーの違いと対応について、詳しくご説明したいと思います。
サーチコンソールをSEOに利用する使い方

ソフト404エラーとは?

通常、ブラウザがリクエストを出すと、サーバー側から、ステータスコードが返ってきます。

リクエストとステータスコードの仕組み

この時、ファイルが無い場合のステータスコードが、404エラーで、ファイルが無いのに200(正常)などのステータスコードを送られるのが、ソフト404エラーです。

リンク切れに関しては下記の記事を参考にしてみてください。

リンク切れに対応する方法とそのSEO効果について
サイト内のリンク切れのチェックを行っていますか?サイトのボリュームが大きくなってくるとカテゴリの精査などで、個別ページのリダイレクトやリネームの機会も増えるかと思います。しかし、その際にリンクが切れてしまったままにしておくと、ユーザーの利便性はも...

具体的な例だと、404ページが見つかりません、というページが表示されているのに、ステータスコードを調べてみると「200」になっている場合です。
htaccessやApacheの設定・記述ミスや、プログラムなどで自動生成された記事などに多く見られるようです。

このソフト404エラーは、Google Search Consoleの「クロールエラー」で確認できます。

クロールエラー画面からソフト404エラーを確認

Fetch as Googleで、取得したページをクリックして詳細を見てみると、ステータスコードを確認することができます。

ステータスコードの確認

ソフト404エラーによって考えられる問題

このソフト404エラーが起こす問題点としては、正常なページとして認識されているため、他のページと同じようにクロールされる。ということです。

これによって、無駄にクロールされることや、重複コンテンツなどが考えられますが、検索順位が下がることはありません。

404エラーの場合の対処方法

Search Consoleを見て404エラーが増え始めると、存在しないページであることから、「URLの削除」を思い浮かべると思いますが、Googleのこちらの記事にあるように、404エラーは検索順位に影響されません。

一般に、404 エラーがそのサイトの Google 検索結果での掲載順位に影響を与えることはなく、エラーを無視しても問題はありません。

引用:「見つかりません」エラー(404)

さらに、こちらの記事にもあるように、クロールされると自然にエラーは消えます。「URLの削除」は早急にページを削除したい場合などに使いましょう。
メンテナンスに URL ブロックツールを使用しない

このことから、通常の404エラーの場合、リンク切れをチェックする程度で、他は「修正済みとする」をクリックして、様子を見ましょう。

ソフト404エラーの場合の対処方法

ソフト404エラーを修正する場合、「ページが存在していない」などのページに対して、200などではなく、正しく404を返すように設定する必要があります。

ソフト404エラーとなる条件は色々あるので、何番のステータスコードが返ってきているのか確認して、システム担当者に、その条件の場合、404を返すように設定してもらいましょう。

あまり考えられませんが、万が一検索順位が付いてしまった場合などは、URLの削除をしても良いかもしれません。

404エラーについてまとめ

このように、ソフト404エラーが増えても検索順位には影響しないため、急いで対応する必要はありませんが、無駄なクローラーの巡回を防ぐために、サイトを管理していく上で、404エラーに正しく対応しましょう。

SEO内部対策 トップに戻る
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
無料コンテンツ対策支援窓口
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。