サイトのインデックス数とSEO効果について

SEOならSEOパック
ご利用実績9518件 (2017/11/18現在)
2016年07月06日 2017年05月19日

サイトのインデックス数とSEO効果について

只今タイムセールを実施中です。

サイトのインデックス数が多い方がSEOに有利なイメージがあると思いますが、インデックス数とSEO効果にはどのような関係があるのでしょうか?

検索エンジンにインデックスされるということは、検索クエリによっては検索結果にも表示されるので、ランディングページが増えることによるトラフィック増加も期待できます。

しかし、結論を言うとインデックス数は多い方が良いですが、インデックスされる内容によります。
簡単に説明すると、下記のようにコンテンツの「質」によってインデックス数がSEOに有利かどうか?ということになります。

  • 質の高いページが多くインデックスされている
  • 質の低いページが多くインデックスされている

では今回は、Googleの検索エンジンにインデックスされている数と、それに伴うSEO効果についてご説明していきたいと思います。

インデックスとは

Googleのクローラーは、被リンクや内部リンクからサイト内を巡回します。そして、そのページの内容を読み取り、Googleの検索エンジンのデータベースに登録します。

ここで言うデータベースに登録することを「インデックス」と呼びます。
そして、クローラーによってインデックスされなければ、検索結果にも表示されません。クローラーの巡回頻度が重要なのはこのためでもあります。

クローラーの巡回を効率よく促すためには、内部リンクが重要です。
下記の記事も参考に、しっかりと対策しておきましょう。

内部リンクとは?内部リンクの最適化と重要性について
内部リンクを意識したサイト構築を行っていますか?SEO対策には外部対策と内部対策があります。どちらも重要ですが、今回は、内部対策の中から、この内部リンクについて説明したいと思います。以前、こちらの記事にも書いたように、内部リンクのバランスは非常に重要...

インデックス数の調べ方

記事を投稿し続けても、インデックスされなければ検索結果には表示されません。
そして、公開したページは全てインデックスされるわけではありませんので、効果を見るためにも、どの程度インデックスされているのか?定期的に推移を確認するようにしましょう。

そのインデックス数を調べるには、下記の2つの方法があります。
しかし、どちらにしても数は正確ではないため、参考程度として認識してください。

  • site:(ドメイン名)で検索する
  • サーチコンソールから調べる

特に、site:(ドメイン名)でのインデックス数は不正確であることをGoogleは公言されていることから、少しでも正確な数値を知りたい場合はサーチコンソールからインデックス数を確認するようにしましょう。

site:で表示されるインデックス数は不正確

サーチコンソールでのインデックス数が、サイト内のページ数より異常に多かったり、急な減少などなく、サイトの更新と共に順調に推移していれば問題ありません。
※インデックス数の急な減少が見られても、トラフィックが正常であれば問題ありませんので、少し様子を見て下さい。

サーチコンソールのインデックス数については下記のヘルプを参考にしてください。
→Search Console ヘルプ:インデックス ステータス

また、site:(ページURL)で検索してみると個別にインデックス状況を確認することができます。

インデックスされない場合

クローラーの巡回頻度が多いサイトの場合、記事を投稿するとすぐにインデックスされますが、たまにインデックスされない場合があります。
記事を投稿して、しばらくしてから検索してみても、インデックスされてなければサーチコンソールから「Fetch as Google」でクロールを促した方が良いでしょう。

それは、SNSに力を入れているサイトであれば、先にそちらの投稿がインデックスされてしまう可能性があるからです。
オリジナルコンテンツが重複コンテンツと見なされないためにも、ぜひ確認しておきたいところです。

詳しくは下記の記事も参考にしてください。

重複コンテンツのペナルティと対策法について
「他のサイトからテキストをコピーするとペナルティを受ける」ということは、みなさんご存知かと思います。では、サイト内での重複コンテンツはどうでしょうか?この場合は、ペナルティの対象とはなりません。しかし、検索結果に内容が同じページが同時に表示される...

インデックスされない理由は他にも、

  • noindexの設定
  • canonicalの間違った指定
  • 重複と判断されている
  • robots.txtなどによってクロールできない場合
  • その他ペナルティ

などの理由が考えられます。
インデックスされて問題のないページに関しては、正しくインデックスされているか確認しておきましょう。

では、次にSEO効果が期待できるインデックスの条件についてご説明したいと思います。

インデックスされるべきページとは

まず、SEO対策の前提はコンテンツであり、それを正しく評価してもらうために、外部対策や内部対策を行います。

もちろん、そういった質の高いコンテンツはインデックスされるべきです。
評価の高い記事がサイト内に多く存在することによって、サイト全体も評価され、トップページで対策しているビッグキーワードでも上位表示を狙えるようになります。

インデックスしない方が良いページとは

先ほどとは反対に、質の低いページはインデックスしない方がSEO上効果的と言えます。

それは、Googleがドアウェイページやパンダアップデートなどによって、ユーザーの有益となる情報ではないコンテンツを評価しないからであって、総合的に見るとサイト全体の評価を落としかねないからです。

質の低いコンテンツをnoindexに設定した方が良い理由はこのようなことが考えられます。
noindexにすることも大切ですが、コンテンツを足して質を高めることも重要です。

インデックス数とSEOについてまとめ

以上のことから、インデックス数は多ければSEO効果は高い…とは言い切れません。
質の高いコンテンツを多くインデックスさせることが重要となってきます。

インデックス数のSEO効果をまとめると…

  • インデックスされることは重要
  • インデックスされるページの質も重要

ということです。
さらに、より正確に評価してもらい、インデックスされるために内部対策が重要ということになります。

なぜ、パンダアップデートというアルゴリズムが存在するのか?をよく考えて、場合によってはnoindexの設定やコンテンツのリライトなどによって、質の高いサイトを目指しましょう。

SEO内部対策 トップに戻る
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
SEO解析ツール「fukuro」
無料コンテンツ対策支援窓口
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。