SEO対策で被リンクはどういった効果をもたらすのか?

SEOならSEOパック
ご利用実績10106件 (2018/06/25現在)
2017年04月28日 2017年05月18日

SEO対策で被リンクはどういった効果をもたらすのか?

只今タイムセールを実施中です。

SEO対策をしていると被リンクが重要とよく目にすると思いますが、実際にどれほどの効果があるのかご存知でしょうか?

もちろん被リンクの質も重要ですが、最近ではコンテンツも重要です。
そのため、この両方をバランスよく対策することがSEO対策を成功させることに繋がります。

では今回は新しく公開したサイトにコンテンツをブログ形式で3記事追加し、リンク(外部リンク)も併行して設置して対策してみた場合の検索順位の推移をご紹介したいと思います。

サイトの公開と併行してリンクを設置

まず、サイトは2017年4月5日に公開しました。全く新しい新規ドメインです。
新規公開の際はインデックスを促すために「Fetch as Google」をお忘れなく。

もちろん数日は圏外が続きます。(計測は検索順位チェックツール「BULL」)

次の日の6日に1記事追加しました。
そして、このタイミングでリンクを2本設置してあります。
リンクは一気に付けるのではなく、あくまで自然に増やしていきます。

コンテンツも少しずつ追加

次に、7日にも1記事追加しました。
冒頭でもご説明した通り、最近のGoogleの検索エンジンはリンクも重要視していますが、コンテンツも同じく評価します。
そのため、しっかりとユーザーのためになることを想定して内容を作り込みます。

それは長文ではなく、なぜその検索ワードで検索するのかを充分に調査した上でその答えとして相応しいコンテンツにしましょう。

もちろん、一度公開して終了ではなく場合によってはリライトによって質を高めていくことも必要です。この辺りは検索順位もチェックしながら対策を考えていきましょう。

対策ワードで20位の順位が付く

するとサイト公開日から3日後の4月8日に対策キーワードで20位の順位が付きました。

検索ワードの難易度が比較的低かったので順位も付きやすかったということも考えられますが、今回はクローラーの巡回によりインデックスされ評価されるまでに3日間かかったということになります。
※なかなか順位が付かない…とお悩みの方は、このブログのサイドカラムにキーワード難易度チェックツールを設置してあるので対策ワードがどれほどの難易度なのか一度調べてみましょう。

さらに10日にも1記事追加しました。
その後、14日までに14位まで上昇しましたが、17日には一度22位まで下降します。

さらにリンクを設置

続いて19日にリンクを1本設置しました。すると21日に6位まで順位が一気に上昇しました。

また、27日にさらにリンクを1本追加して、h1の内容を見直してみると28日には5位まで順位を上げました。

まだ28日までの結果ですが、今回はリンク数本の設置とコンテンツを少しずつ足していくことで順調に順位が上昇しました。
今後もコンテンツを充実させていくことで上位表示が期待できます。

まとめ

今回はSEO対策を行う上で被リンクがどの程度効果があるのかをコンテンツ対策を交えてお伝えしましたが、やはり最近のSEOはリンクだけでは上がりにくいため、コンテンツ対策も今回のように併行して行うことで効果が期待できます。
もちろん、内部対策もある程度対策しておく必要があります。

ということで、すでに公開しているサイトの順位を上昇させたい場合は、SEOパックでリンク対策を行いながらリライトや新規記事の投稿によってSEOを進めることをおすすめします。

そのコンテンツ内容についてはこちらの「コンテンツSEOツール」もぜひ参考にしてみてください。

SEO内部対策 トップに戻る
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや
最新のSEO対策を配信中。