内部リンクがSEO対策で重要!

SEOならSEOパック
ご利用実績8285件 (2016/08/29現在)

内部リンクがSEO対策で重要!

内部リンク
内部リンクは、SEO対策でも重要です。
内部リンクとは、サイト内に設定している被リンクのことを意味します。

みなさんが良くご存じのリンクは、外部リンク(被リンク)だと思います。
外部リンクは、他サイトから自社サイトへ設定した被リンクのことです。
内部リンクは、自社サイト内(ドメイン内)で設定しているすべての被リンクを指します。

内部リンクの種類としては、
・グローバルナビゲーション
・ヘッダーリンク
・パンくずリスト
・本文内からのリンク
などがあります。内部リンクの詳細

内部リンクの数も考慮する必要があるとは思いますが、SEO対策で重要度が高い内部リンクは質だと考えています。

SEO対策で重要度が高い内部リンク

・内部リンクが設定されている場所(サイト内のどこからのリンクか)
・設定されているアンカーテキスト
・関連性(内部リンクを設定したページのコンテンツ内容)
の3つが関連しているものと私は考えています。

内部リンクが設定されている場所(サイト内のどこからのリンクか)

SEO対策で重要なのは、本文中からの内部リンクが重要だと思います。
クローラーがサイト内を辿りやすくするには、確かにグルーバルナビゲーション、右カラム、パンくずリストなども必要だとは思います。
しかし、本文中からの内部リンクが最も重要視されていると考えます。
(まだまだ検証の数が少ないので、上記は今のところ仮説ではありますが、大枠あっていると思います。)

Googleはコンテンツを重要視しますので、価値あるコンテンツ内から設定されている内部リンクは価値が高いです。

さらに本文中のコンテンツに内部リンクを設定する際には、アンカーテキストと関連性が重要だと思います。

設定されているアンカーテキスト

検索エンジンは、リンクを辿るときに設定されているアンカーテキストをみます。
アンカーテキストによって、次に行くページが何について書かれているかを判断しています。そのため、ここで設定するアンカーテキストが重要になります。

例えば、下記のような文章があったとき
(リンク先は、両方とも新作ケーキのページ)

新作のケーキがおいしくできた。
※「ケーキ」にリンク設定

新作のケーキがおいしくできた。新作のケーキはこちら
※「こちら」にリンク設定

上記の例ですと、前述した方が、Googleに評価されるアンカーテキストになります。
次に辿りつくページの内容を正確に検索エンジンに伝えることができます。

内部リンクを設定する際には、こちら、などは使わずに、文中の文字に直接内部リンクを設定する方がいいです。

関連性(内部リンクを設定したページのコンテンツ内容)

内部リンクを設定したページのコンテンツ内容と、内部リンク先に関連があるかが重要になります。

コンテンツの流れに合わせて不自然にならないように内部リンクを設定する必要があります。

先の例では、コンテンツに新作ケーキを作るために、どこに食材を買いに行き、テーマをどう設定し、見た目のデザインはどうやって、完成して、味はどうだったと言った内容のコンテンツにすると、コンテンツ内容が充実します。
充実したコンテンツ内に、新作ケーキの商品ページへ内部リンクを設定するとします。
リンク元とリンク先のページ内容が関連性を持つことができますので、こういった内部リンクは価値が高いと考えます。

逆に悪いケースとしてよくあるのは、サイト内にブログを設置していて、ブログで今日のランチの話をしているのに、最後に「自社の新しい商品です」のようなケースです。
ブログで書いてきた内容とは全く関係ない内部リンクが突然現れるケースで、この内部リンクは価値が低いと思います。

内部リンクのSEO対策としての役割

内部リンクがSEO対策で重要な理由としては、下記の2つがあると考えます。
・何について書いているかを内部リンクが検索エンジンに伝える(サイト内の差別化も可能)
・内部リンクが高まると、サイト内のページの価値が高くなる(外部リンクほどではない)

1つのテーマでサイトを運営していると、どうしても似ている内容のページが複数できてしまいます。
その中の1つのページに対して、内部リンクが集中すれば、検索エンジンがそのページの価値が高いページだと判断することができるため、ページの差別化が可能になると思います。
また、アンカーテキストを設定していることもあり、より検索エンジンが何について書かれているページかがわかるようになると思います。

また、内部リンクが多いページは、その価値を高めると考えます。
外部リンクほどではありませんが、内部リンクの多いページをGoogleが重要ページとして扱いますので、検索の上位にヒットしやすくなる可能性があると思います。

まとめ

これまでも、サイト内でコンテンツ追加を行うことが非常に重要と何度もお伝えしてきました。コンテンツ追加した際に、内部リンクが設定できるような情報ページが他に無いか?も考えると良いでしょう。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて