SEOに有効な301リダイレクトの方法についてまとめ

SEOならSEOパック
ご利用実績9529件 (2017/11/21現在)
2016年06月15日 2017年05月19日

SEOに有効な301リダイレクトの方法についてまとめ

只今タイムセールを実施中です。

301リダイレクトは、サイトの引っ越しなどでURLが変更になった場合に使用すると、古いURLの評価を引き継ぐことができます。
もちろん、リダイレクトは今まで訪問してきてくれたユーザーを新しいサイトやページへ誘導するためでもありますが、さらに今までの評価を生かすためには必須の設定です。

ただ、この301リダイレクトには下記のような注意点が考えられます。

  • 正しくリダイレクトされなければ評価を引き継げなくなってしまう
  • 間違った転送URLを指定するとインデックス削除などの可能性がある

このように、リダイレクトを失敗していることに気付かず放置していると、サイトを管理する上で大きな被害を被ってしまう可能性があります。

ページを転送する場合は、正しく設定できているか?リダイレクトをチェックするためのツールも用意されていますので、アップした後は必ずチェックして動作確認するようにしましょう。

また、301リダイレクトの方法はメタタグで行う方法や、javascriptで行う方法など様々な方法が考えられますが、今回は.htaccessを使ったリダイレクトに関して、301リダイレクトとは何か?そして301リダイレクトの具体的な設定方法についてご説明したいと思います。

301リダイレクトとは

まず、リダイレクトの301についてですが、これはページを恒久的に移動するという意味です。
※一時的なリダイレクトは302でリダイレクトします。

メタタグでリダイレクトする方法だと、完全なURLの移動ではないため、評価が引き継がれないだけでなく、転送前後のページによって重複コンテンツと見なされてしまいます。
Goolgeは、サイトやページの移動には.htaccessを使用したリダイレクトを推奨しています。
このことから、後述しますがリダイレクトを行う場合は、設置方法も簡単な.htaccessで設定しましょう。
ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用

そして、301リダイレクトによって古いページの評価は新しいページへと引き継がれます。302の場合はリダイレクトだけを行い、評価は引き継ぎません。

また、301リダイレクトはサイト内での重複コンテンツの改善案のひとつでもあります。
重複コンテンツについては下記記事を参考にしてみてください。

重複コンテンツのペナルティと対策法について
「他のサイトからテキストをコピーするとペナルティを受ける」ということは、みなさんご存知かと思います。では、サイト内での重複コンテンツはどうでしょうか?この場合は、ペナルティの対象とはなりません。しかし、検索結果に内容が同じページが同時に表示される...

リダイレクトの方法

では、具体的にどのようにリダイレクトするかというと、.htaccessに下記のような転送元URLと転送先URLを記述してアップするだけです。
リダイレクトするページが複数ある場合は、行を追加して記述します。

#サイト全体をリダイレクトする場合
Redirect permanent / 転送先URL

#特定のページをリダイレクトする場合
Redirect permanent /転送元URL 転送先URL

他にもmod_rewriteが使えるサーバーで、RewriteEngine~を使ったリダイレクトを行えば、特定のブラウザだけをリダイレクトするといった様々な条件の指定ができますが、通常のURLの変更であればこの記述だけで充分です。

そして、サイトのメンテナンスなどの一時的なリダイレクトを行う場合は、下記のように”permanent” のところを “temp”と記述することでリダイレクトを302にすることができます。

#サイト全体をリダイレクトする場合
Redirect temp / 移転先URL

#特定のページをリダイレクトする場合
Redirect temp /転送元URL 移転先URL
ここでの注意点としては、転送元は相対パスで記述するという点です。
そして、転送先には絶対パスで記述しましょう。
アップロード後は必ずリダイレクトされているかチェックしてください。
リダイレクトチェック | SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp

問題のあるリダイレクト

では次に、実際にどのようなリダイレクトを行った場合に問題が起こるのかをご紹介したいと思います。

関連性の薄いページへのリダイレクト

例えば、検索順位が上位に表示されている記事があったとします。
このページから本来、ユーザーに見て欲しいページへ誘導するといった、内容が全く異なるページへのリダイレクトは、Googleのペナルティの対象となってしまいます。

見せたいページへの誘導はサイト内の導線などの最適化で行いましょう。
参考:不正なリダイレクト

ペナルティを受けているページからのリダイレクト

また、手動ペナルティを受けた場合に、URLを変えて301リダイレクトを行ってもペナルティ自体も引き継ぐため、効果はありません。

他にも、オールドドメインの評価をリダイレクトによって引き継ぐ行為は、転送前後のページ内容が異なることや、質の低い被リンクも引き継ぐため危険を伴います。

301リダイレクトの方法についてまとめ

301リダイレクトはページの評価を引き継げるため、SEO対策に非常に有効な対策のひとつですが、間違えて設定してしまうとトラフィックの推移などが懸念されます。

例えば、転送前後のURL同士で互いにリダイレクトしてしまうと無限ループとなり、サーバーエラーになってしまうといった先ほど説明した注意点以外にも考えられますので、必ずアップ前の転送先の確認と、アップ後の動作確認だけは行いましょう。

また、wwwの正規化を行う際のリダイレクトについては下記記事を参考にしてください。

wwwあり・なしを統一してドメインを正規化する方法
あなたのサイトは「wwwあり・なし」どちらでもアクセスできますか?サイトを公開した際に、ドメインはデフォルトで以下のようなurlでもアクセスできてしまいます。example.comwww.example.comしかしこれでは、クローラーがそれぞれ別のサイトと判断して重複コンテン...

SEO内部対策 トップに戻る
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
SEO解析ツール「fukuro」
無料コンテンツ対策支援窓口
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。