重複コンテンツのペナルティと対策法について

SEOならSEOパック
ご利用実績8837件 (2017/02/25現在)
2016年06月03日 2016年09月09日

重複コンテンツのペナルティと対策法について

「他のサイトからテキストをコピーするとペナルティを受ける」ということは、みなさんご存知かと思います。
では、サイト内での重複コンテンツはどうでしょうか?この場合は、ペナルティの対象とはなりません。
しかし、検索結果に内容が同じページが同時に表示されることはありません。

そして、このような重複したコンテンツは優劣を付けられ、評価の高いページだけが検索結果に表示されるといった状態になります。
そのため、早くインデックスされなければオリジナルが重複コンテンツと見なされてしまい、思うように順位が付かない状態となってしまう可能性があります。
これがペナルティと勘違いしてしまう原因でもあります。

もちろん、重複コンテンツにならないようにしたいものですが、気付かないうちにサイト内で重複コンテンツとなってしまう場合があります。

それは…

  • PC用とスマホ用が別々の異なるURLの場合
  • 色違いなどによってURLが異なる商品ページ
  • 印刷用に用意した別URLのページ

などが考えられます。
Search Consoleのヘルプにも重複コンテンツについての記事が公開されているので、参考にしてみてください。
→Search Console ヘルプ:重複するコンテンツ

そして、これらを防ぐための内部対策もありますので、検索順位を維持するためにもしっかりと対策しておきましょう。
では、今回は重複コンテンツになりうる可能性とその対策についてご説明したいと思います。

SEO対策のすべてが揃うSEO Pack
検索1位!のサイト多数!【月額固定】7,980円(税込)の低価格SEO対策

PC用とスマホ用のページが別URLの場合

デバイス毎にコンテンツを用意するような場合は、スマホ用ページのURLをcanonicalタグで正規化し、PC用ページにはalternateタグで代替となるページ(スマホページ)があることを伝えます。

<!--PCページに設置-->
<link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)" href="http://example.com/sp/">

<!--スマホページに設置-->
<link rel="canonical" href="http://example.com">

本当はURLをひとつで管理することができるレスポンシブデザインで運営することが理想ですが、モバイル対応することが難しいサイトでは上記のタグを設置して重複コンテンツに対応しましょう。

簡単!レスポンシブデザインの作り方のすべて
レスポンシブデザイン導入されていますか?2016年5月からモバイルフレンドリーが強化されます。詳細な日付はアナウンスされていませんが、徐々に更新されるとのことです。これによって、よりスマホでのSEO対策にはレスポンシブデザインが必須となります。念のため、...

複数ある色違い程度の商品ページの場合

この場合、重複していると思われるページのcanonicalタグに優先させたいページのURLを記述して公開します。

これによってURLの正規化が行われ、リンクの分散を防ぎ、優先されたページが検索結果に表示されるようになります。

URLパラメータを使う方法

他にも重複コンテンツが疑われた場合に、サーチコンソールのURLパラメータに一覧表示されるので、そこで対応することも可能です。
クロールの制御は、デフォルトで「Googlebot が決定」となっていますが、必要あれば適宜編集してください。

印刷用に用意したページの場合

この場合、インデックスされる必要がありませんので、noindexを設定して重複を防ぐ方法が考えられるかと思います。

しかし、注意点としてはクロールの必要がないからと言ってrobots.txtなどによって特定のディレクトへのクロールをブロック指定してしまうと、重複したコンテンツが存在することがクローラーに伝わらなくなってしまいます。

この場合、GoogleではcanonicalタグやサーチコンソールのURLパラメータで処理することを推奨しています。

noindexでインデックスを拒否するより、canonicalによって重複の可能性があることを正しくGoogleに伝えて評価をまとめてもらい、優先させたいページをより高く評価してもらいましょう。
検索順位に満足していますか?SEO Packなら今すぐSEO対策することができます!

重複コンテンツについてまとめ

まとめると、重複コンテンツにはcanonicalで優先させたいページを指定する対応がおすすめです。

重複コンテンツの原因にはその他にも、正規化していないサイトが考えられます。
この場合、内部リンクの指定をルール化しなければリンクが分散されてしまう可能性もあります。
下記の記事を参考にドメインを正規化しておきましょう。

wwwあり・なしを統一してドメインを正規化する方法
あなたのサイトは「wwwあり・なし」どちらでもアクセスできますか?サイトを公開した際に、ドメインはデフォルトで以下のようなurlでもアクセスできてしまいます。example.comwww.example.comしかしこれでは、クローラーがそれぞれ別のサイトと判断して重複コンテン...

WordPressをお使いであれば、プラグインのAll in One SEO Packで各記事にnoindexを設定することができますし、Canonical URL’sというプラグインを使えば各記事にcanonicalを設定することができます。

canonicalタグについては下記の記事も参考にしてみてください。

canonicalタグで重複コンテンツを解消!使い方と注意点について
ヘッダー内に指定する「rel="canonical"」を正しく使っていますか?canonicalタグとは簡単に説明すると、似たようなページがあった場合に、どちらを優先させたいのかを指定するタグです。あくまで似たページ、重複コンテンツと評価されるかもしれないペー...

重複コンテンツと見なされてしまうと、せっかく質の高いコンテンツを用意してもインデックスされずになかなか検索結果に表示されない状態が続いてしまいます。
優先させたいページをcanonicalで指定して、本当にインデックスの必要がないページにはnoindexを設置するなどして不意な重複コンテンツから前もって対策しておきましょう。

最後に、canonicalタグは301リダイレクトと同等に強力な効果を持ちます。
設置するにはくれぐれも注意してください。
SEO内部対策 トップに戻る
SEO内部チェックツール SEO内部チェックツール

SEO対策に
SEO Packをはじめませんか?

検索結果のランキングを決める重要な要素のひとつが「リンク」です。

SEO PackならSEOに重要なリンクをはじめ、SEOに関するノウハウやSEO対策をするための管理ツールが揃います。
また、内部対策の状態も確認することができ、改善方法などもご案内します。
  • 検索順位を上げたい
  • リンク対策をしたい
  • ある程度自分でSEO対策を把握したい
  • 対策中の順位推移を確認したい
  • 変動に強いSEO対策をしたい

上記にひとつでも当てはまる方は、SEO Packの導入をおすすめします。
お試しもご用意しておりますので、詳しくはサービスの内容・特長をご覧下さい。

SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました