SEOに重要なコンテンツできていますか?良質なコンテンツの作り方とは

SEOならSEOパック
ご利用実績8911件 (2017/03/25現在)
2017年02月17日

SEOに重要なコンテンツできていますか?良質なコンテンツの作り方とは

昨今のSEOはコンテンツが特に重要です」それはみなさんもよくご存知かと思います。
とはいえ、昔からこのコンテンツの質に関しては重要視されてはいましたが、最近になって特にその傾向が強く検索結果に現れるようになりました。

では、この記事ではその「コンテンツが重要」とされるならどういったことに気を付けながらコンテンツを作れば良いのかを考えてみたいと思います。

検索1位!のサイト多数!【月額固定】7,980円(税込)の低価格SEO対策

基本の内部対策はできているか?

まずはSEO対策を念頭に置いたコンテンツを作成するにあたって、基本の内部対策はできていますか?もちろん、SEO対策だけを目的としたコンテンツではいけませんが、検索順位が上位表示しなければ集客できません。

そのため、最低限の内部対策を行っておく必要があります。
しかし、内部対策を行ってもなかなか順位が思うように上がらない…という方も多いのではないでしょうか?
それは、内部対策が大切な対策のひとつではありますが、SEO対策の重要な指標となっているわけではないためです。

ということで、内部対策を行った上で、さらにコンテンツの質を高めることによって、高い効果が期待できるということがおわかりいただけるかと思います。

コンテンツの対策について

では、次にコンテンツの方はどうでしょうか?
正しくターゲットキーワードを選定して、ライバルに負けないコンテンツを作成していますか?

ここで少し話しは逸れますが、検索キーワードには需要と供給のバランスが存在します。簡単に上位表示できるキーワードには需要がない場合が多く、その逆に需要が多いキーワードは競合も大変多くなるため、上位表示することが困難な場合が考えられます。
この辺りを考慮した上でキーワードを決めて、コンテンツを作成しましょう。

先ほども言ったように、「コンテンツ」はSEOにおいて非常に重要な指標を持っています。
しかし、内部対策を備えて、コンテンツを対策しても今ひとつ検索順位は上がりませんよね?

Googleは、下記のサーチコンソールのヘルプページにもあるように、以前からコンテンツとリンクが重要と公言しています。

ユーザーが探している情報を提供する
他のサイトからリンクが貼られるようにする

このようにSEOは対策のバランスも必要です。もちろん内部対策を備えてコンテンツを配信していくことで少しずつリンクは集まります。
しかし、ターゲットとするキーワードのライバルが多かったり、強い場合だと、リンクの対策も上位表示させるためには重要なものとなります。

今現在は、この2点(コンテンツとリンク)がSEO対策の重要な指標となることを覚えておきましょう。

リライトする際に追記するべき効果的な内容とは?

では話を戻しまして、コンテンツ対策とは具体的にどのような方法が考えられるでしょうか?

それは、独自性も含め、上位表示されている傾向(=ユーザーが求めているコンテンツ)を知ることが重要となります。それはGoogleの目指すものであり、検索ワードに対してユーザーに有益となる情報を提供することに繋がるためです。

そして、そういったコンテンツの対策をしようとする場合に、上位表示しているページの傾向を自動で計測してそのテーマ(キーワード)を出力する「SEO Packのツール」を利用することで、検索順位を上げるために必要なコンテンツがわかり、効果的にリライトする際の参考となります。

最近では、Googleによる「日本語検索の品質改善」も行われたため、コンテンツの質がSEOにとってより重要となりました。
そのため、リライトする際に追記するコンテンツの内容の選定は特に重要なポイントとなります。

参考:日本語検索の品質向上にむけて

リライトの注意点

このようにコンテンツ対策を行う際に、リライトによる文字数のボリューム(検索ワードに沿った内容)を増やす方法も効果的です。
しかし、この対策を行う場合には少し注意が必要です。

もし、ユーザーが欲しいとされる情報(検索順位を上げるためのコンテンツ)を間違えて追記してしまうと、ターゲットキーワードとコンテンツがミスマッチしてしまい、検索順位を落としてしまうということも考えられます。

それは、コンテンツ内のキーワードの分散によって、ターゲットキーワードが薄れてしまうことが原因と考えられます。
または、発信側であるサイト管理者がユーザーの気持ちを誤った解釈によって本来ユーザーが欲しいとされる情報以外のコンテンツを増やしてしまった。ということが考えられますね。

そのため、リライトはこのように結果が出る書き方や、正しい内容が必要となります。この傾向を抽出するのが先ほどもお伝えしたように、SEO Packのツールに含まれています。

コンテンツ対策は、ユーザーの求める内容を正しく・詳しく説明してあげることが大切だということです。

サイトのトップページを上げたい場合

では、サイトトップを検索結果で上げたい場合どうしたら良いでしょうか?
この場合、次の二つの方法が考えられると思います。

それは…

  • トップページにコンテンツを追加してリンク対策を行う
  • それをサイトの中ページに対策する(内部対策でキーワードを際立たせる)

ぱっと考えただけでも、以上のことが考えられると思います。
そこで、あなたならどのような対策を行ってトップページを上位表示させようとしますか?

例えば中ページに集客して、そこからトップページへ誘導させる方法も複合キーワードがコンバージョンしやすいという点からも有効と思われますし、キーワードとしても競合が少なくなる場合があるため比較的、上位表示しやすいと言えるでしょう。
この場合、質の高い中ページを増やすことが集客にも繋がります。

このように考えると、トップページだけにコンテンツを追加し続けるには限界があります。
そのため、サイトのトップページを検索結果に上げたい場合はトップページではなく、中ページである個別ページのコンテンツに注力することをおすすめします。

そして、その個別ページの評価を高めてトップページへ内部リンクを設置します。
そうすることでサイトのテーマとなるキーワードで上位表示させることに繋がります。

もちろん、サイトのテーマに一環性を持たせることも必要となりますので、サイトをピラミッド状のイメージで各ページにキーワードを持たせ、トップページのテーマから派生させたコンテンツでそれぞれページを用意しましょう。
※全て同じテーマでコンテンツを作ってしまわないように気を付けましょう。

内部リンクとは?内部リンクの最適化と重要性について
内部リンクを意識したサイト構築を行っていますか?SEO対策には外部対策と内部対策があります。どちらも重要ですが、今回は、内部対策の中から、この内部リンクについて説明したいと思います。以前、こちらの記事にも書いたように、内部リンクのバランスは非常に重要...

特に最近は個別ページのSEOが主流で、サイトのトップページを検索上位に表示させるための具体的な方法に関してはあまり触れられていません。
しかし、基本はユーザーの有益となるページが検索結果に表示されるということを忘れずに、対策を行いましょう。

ここでひとつ注意したい点は、トップページにしても中ページにしてもGoogleが評価するページが上位に表示されるということです。ですから、トップページの順位を上げたいからといってトップページだけを対策しても失敗する場合があるということです。
検索順位に満足していますか?SEO Packなら今すぐSEO対策することができます!

SEOに重要なコンテンツについてまとめ

どうでしたか?コンテンツを説明するために多少話は逸れましたが、SEOに重要なコンテンツとはサイト全体を通してターゲットキーワードで「関連性」や「専門性」を持たせるということを意識して対策してみるとわかりやすいかもしれません。

それは中ページにしてみても同じです。適切なコンテンツをリライトすること(=関連性や専門性を高める)が上位表示に繋がります。

そして、何より「SEO対策」は続けることが大切です。
サイトを管理していれば、検索順位が下がることもあります。しかし、それには何か原因があるはずです。
そして、改善することで必ず検索順位は戻ります。

日々、検索順位などを確認して適宜リライトなどのコンテンツ対策の改善計画を立ててみましょう。

SEO内部対策 トップに戻る
SEO内部チェックツール SEO内部チェックツール

検索順位を上げる
SEO対策しませんか?

検索結果のランキングを決める重要な要素のひとつが「リンク」です。

SEO PackならSEOに重要なリンクをはじめ、SEOに関するノウハウやSEO対策をするための管理ツールが揃います。
また、内部対策の状態も確認することができ、改善方法などもご案内します。
  • 検索順位を上げたい
  • リンク対策をしたい
  • ある程度自分でSEO対策を把握したい
  • 対策中の順位推移を確認したい
  • 変動に強いSEO対策をしたい

上記にひとつでも当てはまる方は、SEO Packの導入をおすすめします。
お試しもご用意しておりますので、詳しくはサービスの内容・特長をご覧下さい。

SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました