コンテンツSEOで長期的に集客を積み上げる方法

SEOならSEOパック
ご利用実績9362件 (2017/09/21現在)
2016年05月10日 2017年05月19日

コンテンツSEOで長期的に集客を積み上げる方法

只今タイムセールを実施中です。

SEO内部対策には色々な施策が考えられます。
しかし、この内部対策はコンテンツがしっかりとしていることが前提となります。
内容が薄いままのコンテンツページをいくら内部対策しても上位表示に期待できません。

ということで今回は、内容が重要なコンテンツSEOという集客方法について説明していきたいと思います。

コンテンツSEOとは?

ユーザーにとって有益な記事(コンテンツ)というのは、自然とシェアされ、リンクが集まります。
そして、このようなコンテンツを継続的に増やしていくことによって、検索に強くなり、トラフィックも安定して増えていきます。

このような、集客増加の施策を“コンテンツSEO”と言います。
それでは、その手順を詳しく説明していきます。

キーワード選定

まずは、コンテンツのテーマとなるキーワードを選びます。
サイトのテーマから分岐させて、コンテンツを追加するイメージでキーワードを考えます。

キーワードに対してユーザーを満足させるコンテンツを提供できるかどうか?需要はあるかどうか?などを判断して決めます。
キーワード選定には、関連語を抽出してくれるrishirikonbu.jpを使うと便利です。
キーワードの選び方

長期的に、検索トラフィックを積み上げていくためにも、キーワード選びには、ある程度の検索ボリュームが必要です。
以上のことから、コンテンツSEOでキーワードを探す場合…

  • 複合キーワード
  • 需要のあるテーマ

この辺りに注目して探すようにしましょう。
ぜひ、競合が少なく、検索ボリュームの多い「お宝キーワード」を見つけてください!
※上位表示を狙えそうなキーワード、ということも重要です。

競合コンテンツの解析

キーワードの候補が挙がったら、実際にそのキーワードで検索してみて、競合のコンテンツを解析してみましょう。

コンテンツSEOは、上位表示するために、検索結果の上位に表示されている記事以上のコンテンツを作る必要があります。
そのため、検索キーワードに対してどんなページが上位に表示されているのか?どんな内容なのか?を調べます。

そして、上位コンテンツとは違った見解・違った見せ方などでオリジナリティを出し、他の競合と差別化されたコンテンツを作れないか、などを解析していきます。

※競合を調べていると、テキストの量が多いコンテンツが比較的、上位表示されていることに気付くと思いますが、これは、「テキストの量が多い」からではなく、恐らく「質の高いコンテンツが多い」と判断されているからです。

コンテンツの作り込み

キーワードが決まったら、競合に負けないような内容でコンテンツを作ります。
このキーワードで検索してくるユーザーが何を求めているのか?をよく考えて、何度も見直してコンテンツの質を上げて作り込みます。

ここでのポイントは…

  • 内容
  • 文字数

に尽きます。
文字数も短く、質の低い記事なら、どこにでもあるように競合には勝てません。
リライトして検索順位が上がる理由はこういったことが考えられます。

質の高いコンテンツを意識する

コンテンツは、オリジナルの文章で、さらに…

  • 競合と比較して内容の濃いもの
  • ユーザーに必要とされるコンテンツ

を作り、必要であれば、画像・映像を交えて作り込みます。
内容の濃い・質の高いコンテンツとは、なぜそのキーワードで検索したか?その意図を補うようなコンテンツです。

ユーザーが求めるもの

コンテンツSEOはリンク獲得が鍵

公開したコンテンツの内容が良ければsnsでシェアされ、記事・サイトに力が付いてきます。
ということで、コンテンツを公開したら、拡散させる必要があるため、コンテンツには必ずsnsボタンを設置しましょう。

Facebookと、Twitterは必須で、リンク効果のある、はてなブックマークも必要です。
最近では、FeedlyやPocketなどの需要も高いため、はてなブックマークを使わないユーザーの再訪問のために設置しておいても良いかもしれません。

snsからのリンクで、nofollowが付いているものに関しては、SEOの効果は無いとされています。
しかし、SEOに有効な、はてなブックマークは、ブックマークされる数が増えることで、各種ニュースサイト・gunosyなどに取り上げられると数多くのリンクが見込めます。
※リンク数の推移はこちらのサイトから確認できます。→ahrefs.com

また、シェアされた後にその記事を気に入ってくれたユーザーがリンクを貼ってくれるといったことも考えられるため、被リンクにならないFacebookやTwitterなどのシェアも良いきっかけとなります。

コンテンツSEOの作り方まとめ

コンテンツSEOは、公開してすぐに拡散されてバズを狙って多くのリンクを獲得したいところですが、うまく拡散されずに、しばらく時間が経って忘れた頃に順位が付き、拡散される。という場合も考えられます。

公開した後も、アナリティクスなどで解析して、必要に応じてその都度、リライトして質を上げることも大事です。
そして、改めて拡散することによって、リンク獲得→上位表示→サイトに有益なコンテンツに変わるかもしれません。

コンテンツSEOは、記事にテーマを持たせ、そのキーワードで上位表示を目指す内容を作ることが最大のポイントです。

キーワードによっては、コンテンツ作りに時間がかかるものもあると思いますが、長期に渡り集客できることから、SEO対策のひとつとして、コンテンツSEOも取り入れてみてはどうでしょうか?

また、こちらのコンテンツSEOツール「ezorisu-seo」もぜひ参考にしてみてください。
上位表示のためのコンテンツに必要なキーワードを抽出することができます。
コンテンツSEOツール「ezorisu-seo」

SEO内部対策 トップに戻る
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について
無料コンテンツ対策支援窓口
SEO Packキャンペーン

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。