XMLサイトマップの置き場所変更で、SEOに悪影響はある?/Google回答

SEOならSEOパック
ご利用実績10508件 (2018/12/15現在)

XMLサイトマップの置き場所変更で、SEOに悪影響はある?/Google回答

Googleにクロールを促してインデックスを早め、SEO効果の効率を上げるXMLサイトマップですが、サイト運営の中で、XMLサイトマップファイルの名前や置き場所(URL)を変更したいケースがあります。

こうしたとき、ファイル名やURLが変更されると、Googleへの何らかの影響や、SEO対策への悪影響はあるのでしょうか?この疑問にGoogleが公式回答を寄せています。20160709-move-sitemap-xml

質問:XMLファイル名変更で悪影響は?

先週行われたGoogleのオンラインQ&Aイベント「Google+ ハングアウト」で、Googleのスポークスマンであるジョン・ミューラーは、サイトマップXMLファイルを「引っ越し」したあるウェブマスターからの下記のような質問を受けました。

最近、あるディレクトリに置いていたXMLサイトマップのファイル名を、「sitemap.xml」から「○○○○○sitemap.xml」に変更しました。サーチコンソールから送信もしてあります。

これが原因でインデクシングやクロールが減少することはありますか?

参照:English Google Webmaster Central Office-Hours Hangout新しいタブで開く、翻訳は筆者、以下同

Google:どういった面でも「悪影響なし」

これに対し、ミューラーはGoogle対策の面では、何も影響がないと答えました。
以下が回答全文です。

サイトマップファイルのURL(=ファイルの置き場所や名前)を変更しても、トータルで言うと、Googleには何の影響も及ぼしません

Googleは、新しいサイトマップファイルを見つけたら解析を始め、ファイル内に記述されたページURLを使うようになります。ただただそれだけのことです。事前にサイトマップURLの履歴を残すとか、そういった作業も別に要りません。

そういうわけで、クローリング、インデクシング、ランキングのいずれに関しても、影響は全くありません

サイトマップの使用タイミングには注意を

クロールやインデクシングを促進するXMLサイトマップをうまく利用することで、SEO対策の効果をより効率よく出せるようになります。新コンテンツ作成時や、内部SEO改善の際などは、XMLサイトファイルの用意やGoogleへの送信を検討する価値があります。

ただし、SEOが未対策のサイトでは、XMLサイトファイルだけではほとんどSEO効果がありません。未対策の場合は、まず順位付けに直接影響する基礎SEO対策を済ませてからXMLサイトファイルの活用に進んで下さい。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。